背中ニキビは思春期の頃からあったけど見えないから放置……!

もともと学生の頃からニキビには悩まされていましたが、成人した頃からニキビが出来る場所が変わってきました。10代は顔だけに出来ていたのですが、次第に胸の辺りや背中、お尻に出来て、どう対処したら良いのか悩みました。でも顔に出来るのと違い体に出来た背中ニキビは服を着ていれば見えないので、ニキビをキレイに治すことなく放っておきました。

 

ところが、結婚が決まりウェディングドレスを選ぶ時に、それまで何もケアしてなかったことを酷く後悔し始めました。気に入ったドレスは全て背中が大きく開いているものばかりで、試着した時の肌の荒れ具合が気になって気になって…。背中が開いているドレスは諦めようかと思ったのですが、やはり一度きりの結婚式なので気に入ったドレスを着たかったのです。それから執念の背中ニキビ・ニキビ跡ケアが始まったのです。

 

食べ物に気を配るようになりました

大好きなチョコレートや油っこい食べものを控え、特にニキビを出来にくくしました。

ヘアケアに気を付けました

気になる背中ニキビが出来た原因を考え、髪の毛の長さが良くないのではないかと考えるようになりました。でも結婚式に向けて切るわけにはいかず、常に髪をアップにするようにしました。バスタイムに洗うときは最初に髪を洗い、アップにして束ねて背中にシャンプーやトリートメントなどの薬液が落ちないようにしました。

新陳代謝を促しました

背中ニキビや、その跡に効く美容液が含まれた入浴剤を大量に買い、毎日お風呂にのんびり浸かるようにしました。

 

大人ニキビは
「動じてできてしまったのか?」
の原因を考えながら生活習慣を改めるのが正しい対処方法だと実感しました。いい経験になりました。

 

結婚式までには背中のニキビやニキビ跡も目立たなくなり、無事に気に入ったドレスを着ることができました。

 

もちろん今も、大量にできて悩むことはありません。結婚式前の対処方法をもとに生活に配慮すれば酷くなることは避けられますから。